松帆銅鐸の分析結果を説明する(右から)難波洋三・奈良文化財研究所客員研究員、和田晴吾・兵庫県立考古博物館長=27日午後、神戸市中央区、兵庫県庁(撮影・大森 武)