秀吉や江戸幕府支えた「多田銀銅山」 ロボットで実像解明へ

国史跡「多田銀銅山」が1973年に閉山して今年で45年。鉱脈は兵庫県の猪名川町、川西市、大阪府箕面市など7市町に広がり、豊臣秀吉の時代や江戸期には、豊富な産出量で時の政権を支えたとされる。調査には古文

しまね 話題
「青木間歩」の内部。のみで彫った跡などが見られる=猪名川町銀山
  • 「青木間歩」の内部。のみで彫った跡などが見られる=猪名川町銀山
国史跡「多田銀銅山」が1973年に閉山して今年で45年。鉱脈は兵庫県の猪名川町、川西市、大阪府箕面市など7市町に広がり、豊臣秀吉の時代や江戸期には、豊富な産出量で時の政権を支えたとされる。調査には古文...

[続きを読む]

《神戸新聞》
page top