出雲市で初開催、学生とIT企業の交流会に参加してきました

つれづれ イベント

質問ワークショップの様子
  • 質問ワークショップの様子
  • 出雲でIT企業エンジニアと交流しよう!
  • ワークショップの様子
こんにちは、ブランチマネージャー山崎です。松江ブランチ周辺の木々もだんだんと紅葉してきました。窓の外に目をやると、赤や黄色のもみじが疲れた心と目を癒やしてくれます。

さて、11月19日(土)に出雲市にある専門学校「出雲コアカレッジ」で開催された、IT企業のエンジニアと学生が交流するイベント「出雲でITエンジニアと交流しよう!」に参加してきました。

松江市で過去に同様の交流会イベントを何度か開催したのですが、出雲市に在住している学生は遠方のため、参加したくても出来ない、という声が多くあったようです。松江市から出雲市までは、車で50分程度、電車で1時間程度ですが、学生からすると交通費も馬鹿になりませんよね。

その現状を憂いた、出雲ITコミュニティの若山さんが企画したのが本イベントです。
「なんとか出雲の学生もITエンジニアと交流する機会を作りたい!」「少しでも地元の学生が地元に残って欲しい!」という思いで開催されました。

私もこの思いに大賛成でして、こういったイベントを通じ、学生に島根県内のIT企業の魅力を知ってもらい、県外への人材流出を防ぐことが出来ればと思っています。学生が県外に出ていく、と嘆くだけでなく、地元企業、進出企業で協力しあって行動を起こすことが県内の就職率向上への第一歩だと思います。

肝心の交流会ですが、出雲市内のIT企業を中心に11社、学生は出雲コアカレッジ、出雲商業、島根大学などから25名が参加、総勢40名程度が集まるイベントとなりました。

・参加企業の自己紹介
・質問ワークショップ
・質問回答タイム
・フリートークタイム
・お菓子を食べながら交流会

といった流れでイベントはすすみ、学生からの質問にエンジニアが回答するコーナーでは、
「学生時代に取得しておくべき資格は?」、
「面接の際、どのような質問をしますか?」、
「給料はどれくらい?」、
と言った質問から、「ポケットモンスター サン&ムーン買いましたか?」というユニークな質問も。ちなみに、参加企業の方はだれもサン&ムーンは買っていませんでした。

参加した学生からは「また開催してほしい」「次回もぜひ参加したい」という声が多かったようで、IT企業に少しでも興味を持ってもらえていれば嬉しいです。
《山崎浩司》

こちらもどうぞ

まとめ

page top